【2017年04月05日】 このマンガがすごい2017 オンナ編13位(2)

このマンガがすごい2017 オンナ編13位(2)の紹介をします。

「僕の妻は 妹でした」

本作で描かれるのは、とある都市に越してきた兄と妹の日常。

兄の圭一は絵本の出版社で働いており、どこか抜けた性格で頼りない…良く言えば放っておけない可愛さのある人です。

一方、妹の晃は兄とはまるで正反対のしっかり者。

淡々と家事をこなすショートカットのクールビューティで、保母さんをしています。

親にだまって家を出て、誰にも伝えることなく二人だけではじめた同居生活を、静かでゆったりとした流れで描きだしていきます。

こういったシチュエーションでまず連想されるのが、「禁断の恋」というフレーズ。

二人とも社会人ともなれば、肉体関係も絡めて背徳感が前面に出た描かれ方をするのが定番かと思います。

そしてそれを期待する人も多いはず。

けれども本作は、全くそういった方向には進みません。

肉体関係はおろか、キスも冒頭におふざけで一回したのみ。

以降はそれこそ肌と肌が触れることすらも殆どない状態で、受ける印象は極めてプラトニックです。

二人の関係を見ていると、夫婦でありつつも、時に兄妹である場面も垣間見ることができます。

身体的接触が描かれないからこそ、「夫婦・恋人」と「兄妹」という関係を行き来出来るとでも言いましょうか、どんな言葉にも当てはめにくい、唯一無二の絆のようなものを感じ取ることが出来ます。

この不思議な感覚は、読んでみて味わってもらった方が良いかもしれません。

オンナ編は棚番90にあります。

すごいマンガが読みたくなったら是非コンパラアイカフェ豊川店へお越しください。このマンガがすごい2017 オンナ編13位(2)01
[コンパラ&アイ・カフェ豊川店のお知らせ一覧]
HP限定!割引クーポンはコチラから 枚数限定 時限クーポン配信中 コミック検索 フード&ドリンク レンタル用品 販売グッズ Lショップ 電子マネー発売 Tポイント スタッフ募集