【2017年04月12日】 このマンガがすごい2017 オトコ編15位(2)

このマンガがすごい2017 オトコ編15位(2)の紹介をします。

このマンガの作者は、超有名なギャグマンガ「ど根性ガエル」の吉沢やすみの、実の娘・大月悠祐子。

他の代表作は「ギャラクシーエンジェル」など。

ふんわりとした、萌え要素もあるかわいらしい絵柄。

大月悠祐子「ど根性ガエルの娘」がやばい。

今すぐ読みに行くべし。

「お父さんは大ヒット漫画家で、家族をめちゃくちゃにした人。」

「ど根性ガエルの娘」は、吉沢家──父と、娘と、家族の物語。

吉沢やすみは、20歳で描いた「ど根性ガエル」が爆発的ヒット。

好きな女性と結婚し、子宝にも恵まれた。

しかし連載終了後、深刻なスランプに陥る。

ヒット作に恵まれなかった彼は、パチンコや麻雀にのめりこんでいく。

みるみるうちに減っていく貯金。

そして昭和57年、13本の原稿を落として、吉沢やすみは失踪する──。

「この漫画で私は一度はどん底に落ち、そして再生した父と家族の話を描こうと思う」

オトコ編は棚番89にあります。

すごいマンガが読みたくなったら是非コンパラアイカフェ豊川店へお越しください。このマンガがすごい2017 オトコ編15位(2)01
[コンパラ&アイ・カフェ豊川店のお知らせ一覧]
HP限定!割引クーポンはコチラから 枚数限定 時限クーポン配信中 コミック検索 フード&ドリンク レンタル用品 Lショップ 電子マネー発売 Tポイント スタッフ募集