【2018年11月01日】 シネマチャンネル11月新作のご案内

シネマチャンネル11月新作のご案内01

話題の映画・ビデオ作品 店内で配信中!

【 11 月 新作映画紹介 】

◆『去年の冬、きみと別れ』

あれも、これも、すべて〈罠〉!観終わった後に解るタイトルの本当の意味に涙。

シネマチャンネル11月新作のご案内03

映像化は不可能と言われた文章トリックの原作を見事に脚色した秀作。最大の見どころは、
ちりばめられた「罠」の数々。「罠」か「真実」か。最後に「点」が「線」に繋がった時、
もう一度初めから一気に見たくなるはず!本作の芯になるのは、登場人物たちの秘められた
強い愛。そして、その全てが凝縮されているのが映画のタイトルです。映画を観終わった
あとに解るタイトルの本当の意味に、心が締め付けられるはず。




◆『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

自由は勝ち取るもの。アメリカ映画の底力を感じさせる、骨太な社会派作品。

シネマチャンネル11月新作のご案内04

スピルバーグが新政権の誕生を期に、先に撮る予定の作品を延期してまで撮った作品
だけに、力の入れようが半端ない。共謀罪やスパイ防止法などをてこに、国民の知る
権利や報道の自由を封殺する権力に毅然と対抗したジャーナリストの闘いを描いた
力作。期せずして新聞社の社長となり、もどかしくも揺れ動くグラジハム夫人を演じる
メリル・ストリープは、わずかな表情の変化で雄弁極まりない見事な役作りで魅せる。

◆『曇天に笑う〈外伝〉~桜華、天望の架橋~』
  劇場版シリーズの第3弾。明治の動乱期を舞台に、
  曇三兄弟の天火、空丸、宙太郎らがたどる運命を描く。

◆『巫女っちゃけん。』
  将来の夢も希望も持たない主人公が、口のきけない
  少年と出会い変化する姿を描く。

◆『勝手にふるえてろ』
  職場の同期と、中学時代から片思いしてた同級生
  との間で揺れ動く女性の暴走する恋の行く末を描く。

◆『エアポート2018』
  ザックら5人の仲間は、今までにない恐怖体験を求めて、
  巷で噂される究極のお化け屋敷「青い骸骨」を探すが-。
 
シネマチャンネル11月新作のご案内02



[アイ・カフェ八潮店のお知らせ一覧]
HP限定!割引クーポンはコチラから コミック検索 フード&ドリンク レンタル用品 Lショップ 電子マネー発売 Tポイント スタッフ募集